腱鞘炎-治療法・症状
腱鞘炎-治療法・症状
トップページ腱鞘炎の原因腱鞘炎がテニスで

腱鞘炎の原因

腱鞘炎がテニスで

 

テニスで腱鞘炎になりやすいってご存知ですか?テニス二通りあって、バックハンドを打ったときに使う筋肉と、フォアハンドを打ったときに番う筋肉があります。テニス自体、手首を使ってラケットを振りますから腱鞘炎になりやすいといわれています。手首にかかる負担が大きくなって腱鞘炎を起こすのですが、その症状のほとんどはバックハンドのときだといわれています。


テニスをしたときだけに腱鞘炎の痛みを感じるのならまだいいのですが、腱鞘炎の症状がひどくなってくると、テニスをしている時間以外でも日常生活においても腱鞘炎の痛みが増してくることがあります。テニスによる腱鞘炎の原因はやはり手首の酷使ですね。


練習する量が多かったら、腱鞘炎になる可能性も高いといわれています。また、使いすぎ以外にも、年齢を重ねるごとに、腱鞘炎になる人もいます。練習の量が多いためにテニスによって腱鞘炎になっている人は少し練習量を減らしたりして腱鞘炎の症状を和らげないとつらいですね。


トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔