腱鞘炎-治療法・症状
腱鞘炎-治療法・症状
トップページ腱鞘炎の手術腱鞘炎の手術

腱鞘炎の手術

腱鞘炎の手術

 

腱鞘炎の手術の内容をご存知でしょうか。腱鞘炎を治療するために、手術をして筋肉をとるという治療法がありますが、これは術後に、筋力が落ちてしまったり、手術をすることで神経を傷つけるというリスクがあるので、できれば腱鞘炎を手術で治すというのは避けたほうがいいと思います。


実は、腱鞘炎の手術を医師から勧められたのに、実際に腱鞘炎の手術を行ってみると、手術の最中に神経に傷を付けられたのが原因で、後遺症になって、腱鞘炎どころか手が自由に使えなくなったという事例もあります。確かに腱鞘炎の手術ってこうして考えてみるとリスクが高いのかなあと思いますよね。


どうしても、自然完治できないならまだしも、普通の人がかかっている腱鞘炎では一般的にはすぐに手術をして治療するのは避けましょう。腱鞘炎の一番の治療は使わないことですから、腱鞘炎の手術を受けるのではなくて、できるだけ同じところを使わないように気をつけてみましょう。


トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔