腱鞘炎-治療法・症状
腱鞘炎-治療法・症状
トップページ腱鞘炎腱鞘炎とタイピング

腱鞘炎

腱鞘炎とタイピング

 

腱鞘炎とタイピングについて書きたいと思います。腱鞘炎というのは手の使いすぎなどで起こる症状ですが、最近、パソコンを使ったタイピングが原因による腱鞘炎も増えているといわれています。実際に、パソコンを仕事にしている人にとっては腱鞘炎は職業病とも言われているくらいなんだそうですね。


腱鞘炎は一度なってしまったら、使わないようにしないと治りませんよね。でも、タイピングを仕事としている人に、タイピングをするのをやめろというのは、たとえその理由が腱鞘炎で痛いということであっても、仕事を休むことは許されないと思います。


ですからそのような場合は、タイピングを長時間できるだけ続けないようにして、休憩を取りながら、手に負担をかけないようにして腱鞘炎に対応していくしかないですね。腱鞘炎になってしまうと、痛くてタイピングもなかなか出来ないと思いますが、腱鞘炎を完治させるためにも、少し控えめにするといいかもしれませんね。


トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔